メタル系IT日記

メタルを織り交ぜつつIT系を中心とした日記です

2014年 振り返り

勝手に2014年の振り返りをします。

【メタル】
3月 TESTAMENT, DevilDriver, UNITED (O-EAST)
3月 THRASH DOMINATION 2014 (Exodus...)
4月 OUTBURN TOUR 2014 名古屋(Miss May I...)
4月 The Black Dahlia Murder (CYCLONE)
8月 SUMMER SONIC 2014 (1day)
9月 CANNIBAL CORPSE (名古屋)
9月 BLOODAXE FESTIVAL 2014 (Heaven Shall Burn...)
10月 LOUD PARK 2014 (2days)
11月 KNOT FEST JAPAN (2days)

☆今更 Exodus にハマった!
☆遂に DevilDriver が来日!
☆活動再開した Suicide Silence が新譜リリース!
☆UNITED の横山さん逝っちゃった。
☆KNOT FESTで靴が片方無くなりました...
☆Max Cavalera はやっぱ凄い。Killer be Killed と Cavalera Conspiracy のアルバム良かった!
☆2014 のベストソングは Machine Head の Now We Die.


MACHINE HEAD - Now We Die (OFFICIAL MUSIC ...



【マラソン】
1月 元旦ハーフ(岐阜)
2月 犬山ハーフ
3月 各務原シティ(ハーフ)
3月 名古屋シティ(ハーフ)
3月 さいたまシティ(ハーフ)
10月 大垣ハーフ(PB 1h32m)
12月 スイーツマラソン(愛知)
12月 企画ものに参加し、金山駅一宮駅金華山(登山)→岐阜駅 と約45km
※ 上記以外にも小さな大会に数回出場(主に10km)

☆3月の3週連続ハーフはツラかったですw
☆夏以降はちょっと控えめな1年でした!

f:id:metal_president:20141226022433j:plain



【自転車】
3月 伊勢志摩100km
5月 鈴鹿エンデューロ アタック120
7月 岐阜競輪場を走ったよ
8月 鈴鹿 エリート(約40km)
9月 東京ヒルクライムNARIKI(10km)
10月 CYCLE MODE 渋谷-幕張メッセ往復約100km
11月 知多半島ポタリング

鈴鹿のアタック120で4時間切れた!
☆通勤ではほとんど乗りませんでした(反省)
☆荒天で中止になるイベントがいくつか...
☆初ヒルクライム辛かった!でも達成感半端ない!

f:id:metal_president:20140518235052p:plain

f:id:metal_president:20141018071456j:plain



【筋トレ】 NEW!
2013年12月から、脚力(マラソン&自転車)向上のためにジムに通い始めたのですが、5月ころから上半身も本格的に鍛え始めて、プロテインパウダーを常用するようになりました。

ちなみに体内年齢は22,23歳(TANITAさんの体重計で測定)、血管年齢は27歳(某展示会で測定)だそうです。


【水泳】 NEW!
ジムにプールが有るのですが、苦手意識が非常に強く避けていました。
が、9月からはじめました。
最初は25m泳ぎ切るのが精一杯でしたが、最近は25m×4=100m は続けて泳げるようになりました。1kmくらい余裕に泳げるようになって、トライアスロンにチャレンジしたいですね。


【登山】 NEW!
何故かはじめました。
10月に高尾山と御在所岳に登りました。
12月年末に金華山に登りました。
春になったら再開したいと思います。冬山は装備(予算)的にまだ無理ですね。

f:id:metal_president:20141011145715j:plain

f:id:metal_president:20141226023115j:plain



【その他】
☆映画は少なめでしたがなるべくIMAX,IMAX3Dで鑑賞するようにしました。
 2014 のベストは Guardians of the Galaxy かな〜
鳥居みゆきさんのライブに行きました!(9月東京)
稲川淳二さんの怪談ライブに行きました!(8月名古屋)


【仕事】
☆4月ころまでは東北方面でハマっていました
☆5月から東京にシェアハウス借りて機動力UPしました
☆主に iOS, Windows な開発が中心の1年でした
☆講師/研修もイロイロやりました


【総括】
新しいこともはじめてみましたが、全体的に刺激&チャレンジの少ない1年だったと思います。来年はもっと刺激的な人生を送ろうと思います。

SLAYERカバー特集

最近話題のSLAYERをカバーしている動画の特集です。

 

まずは何故か最近話題になった動画です。ドラムが10才、ヴォーカルが7才の少年だそうです。将来有望ですね。


Slayer - Raining Blood (band cover) - YouTube

 

次は少し前に話題になった動画です。10才の少女が奏でるギターに合わせて、おそらく妹かと思われる少女のボーカルが炸裂する動画です。ステキですね。


ROCKSMITH Audrey (10yrs old) Plays Guitar - War ...

 

最後の動画はちょっと異色です。Banjoという楽器でカバーしている動画です。

原曲知らない人には意味が分からないと思いますが...


Slayer - Angel of Death (Banjo cover w/ solos) - YouTube

 

以上になります。

秋の夜長

秋の夜長で眠れないのでブログ書いてみます。

 

スポーツの秋ということで、最近はほぼ毎週のようにマラソンや自転車のレースなどに参加しております。あと週4くらいでジムに通っています。

結果はそれほど良く有りませんが、季節の変化を感じながらスポーツを楽しむのは良いことだと思います。先々週のヒルクライム(成木)で痛めた肘が治らないので、ちょっと辛い感じですが...今週末は伊勢志摩方面を自転車で走る予定です。お天気が心配ではありますが。

これからマラソンシーズンが始まるのでハーフマラソンに備えて体重を絞り始めてるところです。

 

某テレビ番組で、秋にスポーツをはじめても冬まで続かない、というのをやっていました。快適な時期に始めたことは、辛い時期になるとやめてしまうらしいです。なので、はじめるなら冬や夏が良いそうで、自分がダイエット的なトレーニングを始めたのが真冬の1月だったのを思い出して、なるほどなと思いました。

 

閑話休題

最近自分がよく利用するWEBサービスを紹介しようと思います。

 

[Pocket]

https://getpocket.com/

ブックマーク的なサービスで、後でじっくり読みたい記事や永久保存版的な記事を登録するようにしています。環境に依存しないのと Firefox用のプラグインもあったりして便利ですね。

スマホアプリも出ていて、ちょうどiOS8で追加されたApp Extension にも対応してくれて、大変快適に利用しています。ただiOSSafari から App Extension 経由で登録を行うと完了までに少し時間がかかるので、改善して欲しい感じですね。どこがボトルネックなんでしょうか?気になります。

 

[SoundCloud]

https://soundcloud.com/

少し前にTwitterが買収するかも、って話題になりましたね。

音楽のストリーミング配信サービスです。これ無しでは生きて行けないくらい重要なサービスです。主に海外のアーティスト(レーベル)がプロモーションの一環として活用しているサービスで、新曲の発売前になると、楽曲をSoundCloudにアップしてくれます。

Like, Playlist, Follow(レーベル、一般ユーザー)などの機能もあり、メタル系のレーベルをフォローしておけば新曲がタイムラインに表示されるので、概ね取りこぼすことはありません。楽曲の特定の時間にコメントを追加することもでき「ここのソロが素敵だぜ!!」といったコメントを入れてこっそり盛り上がれる機能もあったります。

WEBサイト、スマホアプリともにUIが斬新で業界関係者の方には是非一度利用していただきたい感じです。WEBでは、一度楽曲の再生を始めるとページを切り替えても止まることなく、他の曲を再生するまでは再生が継続されます。何気に素晴らしいと思います。スマホのアプリも素敵です。例えばiPhoneの標準のスライダーって無茶苦茶使い辛いじゃないですか。iPhoneiPadで映画見てて少し飛ばしたいな、って時にスライダー操作すると大抵最後まで一気に飛んだり、訳の分からない状態になるじゃないですか。なので個人的にスライダーが凄く嫌いなのですが、SoundCloudのアプリは画面全体を左右にスクロールして再生位置を調整するUIなので凄く使いやすいです。一点不便な点は、スマホアプリからだとPlaylistへの追加ができない点ですね。自分が見落としてるのか、実装漏れなのか分かりませんが...ちょっと不便です。

 

 [setlist.fm]

http://www.setlist.fm/

ライブやコンサートのセットリストを共有するサービスです。

ライブやコンサートに興味の無い人には利用価値のわからないサービスだと思いますが、例えばあるバンドが来日するのでライブへ行く、となった場合予習しなくてはいけませんよね。予習は重要です。でも、どんな曲をやるのか全く検討が付かないと予習する範囲が広くなり大変ですよね。

このサービスを利用してそのバンドが直前にやったライブのセットリストが分かると、だいたい同じような曲になるはずなので、予習範囲が絞れるし、外す確率も下がるので、しっかり予習をしておけばライブを思う存分楽しめる訳なのです。

スタートアップとして始まったサービスのようですが、Live Nation Entertainment, Inc. という大手企業に買収されたそうですね。詳しくは知りませんが。

日本にも同様なサービスがあるようですが、広告がウザかったりしてちょっと引く感じですね。興味のないアーティストの広告がドンっと出てくると正直引きます。

 

 

メタルって言うと、「デスヴォイス」「シャウト」とか言い出す人が多いので、ちょっとやめて欲しい感じですね。

例えばMETALLICAは「デスヴォイス」なのでしょうか?違いますよね。Judas Priest も違いますよね。なんでこんな訳の分からない常識が定着するんですかね。やめて欲しいです。

Exodusはどうでしょうか?


EXODUS - Salt The Wound by NuclearBlastRecords - Hear the world’s sounds

微妙ですがデスヴォイスではないですよね。

じゃTRIVIUMはどうでしょうか?


Brave This Storm by TriviumOfficial - Hear the world’s sounds

曲にもよりますがこれは基本的に違いますよね。

ではUnearthはどうでしょうか?


Unearth "The Swarm" by eOne Music - Hear the world’s sounds

ギリでデスヴォイスでしょうか。

Arch Enemy はどうでしょうか?


ARCH ENEMY - War Eternal by Century Media Records - Hear the world’s sounds

やっと本格的な「デスヴォイス」になってきましたね。

Amon Amarthはどうでしょうか?


Amon Amarth "Father of the Wolf" by Metal Blade Records - Hear the world’s sounds

これも一応「デスヴォイス」ですが歌詞が認識できるだけマシですよね。

では最後にCannibal Corpse はどうでしょうか?


Cannibal Corpse "Sadistic Embodiment" by Metal Blade Records - Hear the world’s sounds

ここまでくると「デスヴォイス」だと認めざる得ないですね。

というわけで

 『メタル』=『デスヴォイス』

という偏見はやめましょう。

寝ます。

競輪選手っぽいことやってきました

今日は岐阜競輪場へ行ってきました。

はじめて競輪場へ行ったのですが、大負けしてしまい残念な結果となりました。

 

 

というのは嘘で、競輪場を走るチャンスがあったので浮かれて行ってきました。

あ、嘘です。はじめて競輪場へ行ったというのは本当でした。

某市議さん(最近物騒ですので名前と写真は伏せておきます)にこのイベントを教えてもらい、参加することとなりました。

 

駐車場の場所探しに少しハマり、準備して競輪場へ向かうと、人がたくさんいる。新聞も売ってる...

場外車券販売的な感じですが、普通に競輪やってる中で、走るっぽいです。なんと斬新なw

 

さて、関係者専用的な入り口から入っていくと...

 

うぉぉ!これはプロの競輪選手が使っているローラー台では!?

f:id:metal_president:20140706133814j:plain

テンション上がりますね。

 

さて、受付を済ませて、(競輪場を走る)初心者向けの説明を受けて、さっそく試走。

初バンク!ますますテンションは上がります。しかも設備が立派!!

f:id:metal_president:20140706200332j:plain

 

参加する競技は二つ。

一つ目は助走付き400m。

半周の助走の後、一周(400m)を全力で走る競技です。自分は7番目の出走でしたが、皆さん速いですね〜

で、自分の番。

f:id:metal_president:20140706200907j:plain

 

あっという間に終わりました。

汗をかく暇すらないくらい一瞬でしたwww

記録は 30"63 。8人中5位でした。

普段はこんな短距離を全力で走ることがなかったせいか、踏み込むたびにバランスを崩す感じだったのと、ゴールの位置を見誤り手前でチカラ抜いてしまったのが影響したように思います。30秒は切りたかったですね。

 

二つ目の競技は1000m。助走無しで、車体を固定してもらった状態からのスタートです。

こちらもあっという間でしたが、若干有酸素運動感がありました。

記録は 1'29"20 。先ほどと同じ8人中5位でした。

相変わらず不安定な走りでしたが、まぁまぁ走り切れたと思います。

 

あ、某市議さんも走られていました。

f:id:metal_president:20140706134513j:plain

 

良い経験ができて楽しかったです。また機会があればチャレンジしてみようと思います。

帰りファミレスに寄って久しぶりにデザート的なのを食べました。ごちそう様でした。

f:id:metal_president:20140706162348j:plain

 

Objective-Cの書籍を捨てるのは早すぎる2つの理由(みんな落ち着け)

WWDC2014 で突然発表された新言語

「Swift」

Objective-C/C 言語を使用せずに、iOS, OS X アプリが開発できると、

とても素晴らしいお話ですよね。

個人的には C言語Objective-C は大好きですが...

 

コレまでも Corona SDK での Lua、Unity での js, C# など他の言語によるアプリ開発は可能でしたが、公式開発環境での選択肢が増えるということは、非常に影響が大きいと思います。

Objective-CC言語を 独自の機能で拡張した言語のため、厳密には C言語Objective-C 拡張部分の両方を学習する必要があったり、クラスの作成やインスタンス化が独特だったり(コンストラクタが無い、イニシャライザとかコンビニエンスコンストラクタとか、宣言プロパティとか...)、メソッド名が矢鱈長かったりと、とにかく他の言語プログラマーからすると敷居の高い言語であることは間違い無いと思います。

 

で、本題ですが、Swift の発表以来、Objective-C オワコン的な流れが漂っていますが、まだまだ Objective-C の書籍を捨てるのは早すぎると思います。

 

【理由1】Xcode6 はまだリリースされていない。

 Swiftがサポートされるのは Xcode6から。iOS8がリリースされる直前に Xcode6 の正式版もリリースされると思いますので、こちらも今年の秋頃。それまでは基本的にObjective-Cでの開発になると思います。このため Objective-C の書籍を捨てるのは年末の大掃除のタイミングが妥当だと思われます。

 

【理由2】世の中の多くのアプリが Objective-C で書かれている。

 AppStoreでは大量のアプリがリリースされていますが、多くのアプリが Objective-C によって作られています。これらリリース済みアプリもバージョンアップ等していく必要が有りますが、Xcode6 が自動的に Swift にコンバートしてくれる訳ではありません。

自力で Swift にコンバートするとしても Objective-C のスキルは必要になるし、当面は Objective-C のままメンテナンスするケースがほとんどだと思います。

Objective-C プログラマの需要が急に無くなる訳ではありません。

 

という訳で、Objective-C の書籍を捨てるのはまだまだ早すぎると思います。

 

2年越しのゴール★

本日、鈴鹿サーキットで開催された、

スズカ8時間エンデューロ 2014春sp

に参加してきました。

F1などで有名なあの鈴鹿サーキットを自転車で疾走するレースです。

 

2年越しの経緯を少し説明します...

私がロードバイクを始めたのは2年半前、周囲で若干流行っていたのでついつい購入してしまったのが間違いの始まり。まともにトレーニングもしないまま、半年後の『スズカ8時間エンデューロ2012春sp』に出場。種目は『アタック120』、サーキット20周(約120km)を5時間で走りきるというもの。

結果は惨敗。詳しくは過去のブログをご参照ください。

 "【反省】120kmのところ24kmしか走ってませんが...楽しかったです"

 

この当時、体重が約90kgほどあり、そもそも出場しようと思うこと自体が大間違い。

その後、25kgを超えるダイエット、ランニングやマラソン、筋トレ(体重は5kgほどup)により、飛躍的(?)に体型と運動能力を改善し、再び望んだのが今日のレース。

2年前と同じ『アタック120』に出場しました。

 

↓今朝の鈴鹿サーキット(ピットから撮影)

f:id:metal_president:20140518235052p:plain

 

↓出走直前のマイカー(チームオフィス前)

f:id:metal_president:20140518055932j:plain

 

8:03にスタート!

マラソンで身につけたペース配分的な考えを適用し、無理せず完走できるペースと走り方を目指しました。あと、走行中の水分補給・エネルギー補給もマラソン用に購入してあったものをそのまま流用しました。

5周目までは割と余裕があり丁寧に走れました。

10周目あたりから徐々に疲労がたまっていき、

ラスト5周は死にそうになりながら走っていました。

とは言っても勾配の緩やかなコースは普通に走れるのですが、キツめの坂になるとかなりペースが落ちる感じ。

それでもなんとか最後まで走りきることができました。

しかも目標としていた4時間を切る結果となり、まずまずの走りができたと思います。

 

↓リザルト

f:id:metal_president:20140519000051p:plain

 

上には上がいる、ということで順位は318位。皆さん凄いですね。

これまでロードバイク用のトーレニングを特にしてこなかった(走るのも週1,2回程度)ので、今後は日々のトレーニングに少しずつ取り入れていきたいと思いました。

何をやれば良いか、まだ分かっていませんがw

 

↓完走直後(ヘロヘロ)

f:id:metal_president:20140518121801j:plain

東京とコワーキングスペースと私

我が社は約2年前から東京にオフィスを借りています。

2年前に神田駅近くのシェアオフィスに入居し、
1年前に渋谷のコワーキングスペース(Lightningspot Shibuya : http://lightningspot.com/ )へ移転しました。

 

我が社は岐阜に本店がありまして、設立当初(約10年前)は名古屋のお客様を中心にお取り引きをしておりました。しかしリーマンショック以降受注が飛躍的に落ち込み、本社のある岐阜県でも営業活動を行うようになったのですが、我が社で受注できるような仕事がほとんどなく、周囲では公共事業(入札案件)を取り合ってる状況であることを把握しました。我が社もこれに巻き込まれかけましたが...

比較的早くからスマートフォンアプリの開発に着手していたことで、東京方面にもネットワークができ仕事もパラパラと受けられるようになりました。そこで『東京で仕事を受けて岐阜で開発する』というスタイルを目指すため、東京にシェアオフィスを借りました。これが2年前です。

 

神田のシェアオフィスは24時間利用可能で、周囲の環境も駅からのアクセスも良かったのですが、他の入居者の方との接点・交流が少なく、イメージしていたのとちょっと違うな〜と思っていたところで コワーキングスペース という存在を知り、ネットで調べていたところ、偶然 Facebook に表示された "Lightningspot Shibuya" に目が止まり、移転することを即決しました。

 

コワーキングスペースすごい!ってのが感想ですね。

よく分からないけどネットワークが広がるし、周囲から(漏れ)聞こえてくる内容が刺激的だし、話題のあのサービスを立ち上げた方と出会えたり、と地元の岐阜や名古屋ではなかなか味わえない体験でした。しかも、ドロドロとした政治的な争い(癒着とか、談○とか...)もなく、皆さんすごく前向きなので、渋谷にいると心が洗われますね。特に若い方々が最前線で活躍している様子には、大変衝撃を受けました。

場所的にも渋谷というと若者の街で日本のファッションが始まる場所、といったイメージ(田舎者として)を持っていましたが、ITの世界でも日本の中心となるエリアなんだなと思いました。

渋谷へ移転してちょうど1年が経過しました。狙いどおり ネットワークは格段に広がりましたが、これに見合った結果が残せていない、というのが現状となり、我が社(私)の新たな課題となりました。

 

そしてさらに先に進むため、この度東京(渋谷)に部屋を借りることにしました。

とある方のご協力により、シェアハウス的な型ではありますが、渋谷に住む場所を借りることができました。

渋谷にはライブハウスがたくさんありますが、決してライブに行くために借りた訳ではございません。

 

さて、久しぶりに "Lightningspot Shibuya" にサイトを覗いてみたところ、

増税にのっかり、
 堂々の値上げ宣言。
 千円 → 1,500円(AM500円・PM1,000円!)」

の文字がデカデカと掲載されており、プロテインを吹いてしまいました。

 

それでは、今期もがんばります!!